TOP

就職活動で役に立つ面接テクニックを紹介しています。

就活サイトを駆使して効率よく。数うち当たる作戦でエントリーをする

インターネットが普及し、近年の就活スタイルにも欠かせなくなりました。就活サイトとは、募集をかけている会社が一覧となって出てくるため、検索しやすく、また更新も都度されますので、毎週、毎日リアルタイムに募集人数や募集要項を閲覧することができます。また、そこからエントリーという形で書類選考と同義のことができますので、スピーディー。郵送のように結果待ちを何週間もする必要がありません。また履歴書を書く手間もかからないので気軽にエントリーすることができます。紙媒体で探すよりも、情報量が多く、よりホットな情報が入るので、数うちあたるということが簡単にできます。最近では、各企業でもホームページを持っているところが多く、そこから直接エントリーすることも可能です。一昔のような煩わしさがなくなってます。就職支援会社が掲げる就職サイトは役立ちますよ。就職サイトを駆使してたくさんエントリーしましょう。場数をこなせば慣れてきます。


【LGBT求人情報】FTM・ニューハーフ積極採用している企業「株式会社コネクト」

福利厚生制度の適用

求職者が、志望先企業を選択する上では、福利厚生制度の充実度にも気を配ることが大切です。企業から、自社のスタッフに対して、通常の賃金、給与に加えて支給される、非金銭報酬のことを、福利厚生といいます。このカテゴリーでは、わが国における福利厚生に関して、ご説明します。こちらの制度が適用され、従業員への経済的な保障が手厚くなることにより、社員の、組織に対する貢献度が高まるというメリットがあります。また、この制度があることで、スタッフが仕事に取り組む時の意欲や、業務の効率が向上することも期待されます。先ほども触れたように、この制度の内容や、どれほど充実しているのかは、企業によってさまざまに異なっています。ただ、一般的な傾向としては、中小企業よりも、経営基盤のしっかりしている大企業の方が、こちらの制度は充実していると言えます。ただし、経営状態の悪化から、経費を削減するために、制度の内容が見直されるなどの事例もあります。

中小企業に有利に働く可能性もあるお礼メールの重要性

お礼メールとは、感謝の気持ちを伝えるためのメールです。就活中では、面接を受けた後に返信するメールになります。メールは、基本的に24時間以内に返す事がマナーです。また、企業の担当者からメールを受け取ったら、1日以内に返信するのが望ましいので、就活中は、毎日、時間を決めてメールのチェックを行う事をおすすめします。もし、返信内容に悩んでしまうような時には、とりあえず返信し、後からしっかりした内容のメールを返信してください。面接後に変身するのお礼メールは、選考に有利と考えている人もいますが、大抵の場合には、選考に関係が無い所は多いのですが、例え不合格になったとしても、メールを送ったからといって迷惑に感じる方は少ないと言われています。しかし、会社の規模によっては、このお礼メールが採用に有利に働くケースも少なからずあります。中小企業の場合、採用応募者の応募数が大企業に比べて少ないため、1人1人の印象がより強くなっています。もしどちらを採用するか悩んでいる場合には、メールの有無によって、採用、不採用が決まる可能性が無いとは言えません。特に、社員が少ないベンチャー系企業のような慣例が通じない企業体型の場合には、メールを送ったほうが熱意があるとみなされ、印象が良くなる事もありますので、なるべく送るようにしておきましょう。

月別アーカイブ

フリースペース

サイトマップ